リスティング広告運用代行 コラム

効くキーワードはどう見つける? 「価値」を見つけるアプローチ

編集する

効くキーワードはどう見つける? 「価値」を見つけるアプローチ - リスティング広告運用代行

効くキーワードはどう見つける? 「価値」を見つけるアプローチ

先日のコラム、「リスティング広告に必要なクリエイティブ発想」や「リスティング広告でPDCAサイクルを回す」にあるとおり、リスティング広告で厳しい競争に勝ち抜き、大きな成果をあげているアカウントでは「キーワード」を発見する力が重要であるというようなことを書きました。

しかし、実際にはその「キーワード」を見つけるための発想を得るのが一番難しい仕事だったりします。このキーワード探しにおいて、もっとも簡単で効果的な方法は、お客さんに「なぜこの商品を買ったのですか?」と質問してみることです。ビジネスで成功するための多くのヒントはお客様に直接聞くことで得ることができます。

これだけでも「効くキーワード」が見つかることが多いのですが、その他にも私が好んで使うアプローチの手法があります。

コピーライターなら普通に使う手法ですが、その商品やサービスが世の中に対してどのような「価値」をもちえるのかを考えていくということ。インポートの高級な壁掛け時計は、どのような「価値」を持って世の中の人々に受け入れられていくのかを考え抜くことで、新たな切り口となる「キーワード」を見つける事ができるはずです。

そして、見つかったキーワードの検索需要をリサーチし、入札単価をリサーチし、勝負できそうであれば迷わず広告テストスタートです。ビッグキーワードで高額入札、予算消化しまくり(されまくり?)戦略よりは、間違いなく「価値」があることは請け合います。


東京:03-6438-1830 大阪:06-6534-7800
お問い合わせフォームへ お問い合わせフォームへ
  • 会社概要
  • スタッフ紹介