リスティング広告運用代行 コラム

「予算による制限」と「インプレッションシェア」

編集する

「予算による制限」と「インプレッションシェア」 - リスティング広告運用代行

「予算による制限」と「インプレッションシェア」

アドワーズの運用を行っている際に、キャンペーンに設定している上限予算を使いきってしまうと、ステータスがオレンジ色で「予算による制限」となり広告の表示が停止します。これが頻繁に表示されてしまう場合には、「予算による制限」の上にでる吹き出しをクリックするか、メニュータブの下にある表示項目から、「競合する指標」を選択してインプレッションシェア関連の指標を表示させることで、どれだけ広告の露出機会をロスしているかを確認することができます。

広告を効果的に活用し成果を上げていくためには、顧客獲得コストであるCPAを把握して、そのCPAの範囲内であれば(限界CPA)可能な限り多くの数を獲得することです。単純に言うと顧客を獲得することで得られる利益が1,200円のクライアントが限界CPAを1,000円と設定し、その範囲内で広告がまわるならば、予算の上限はいけるところまで!というのが良いはずです。

ですが、実際にはCPAを目標値内で達成できていないケースも少なくありません。そういったアカウントで「予算による制限」がされてしまう場合、やるべきことは「キーワードの入札単価を下げること」です。しかし出稿しているキーワードが自社サービスの中核をあらわすものであった場合に、これまでは上位入札されていたという経緯があると、順位にこだわって入札単価の引き下げを嫌うクライアントがいます。特に大手企業のアカウントを引き継いで運用する際にこの傾向がみられます。

こういったクライアントを説得する際に使えるのが、どれだけ広告の露出機会を失っているかという指標をみてもらう事です。
上位に表示させたいという意図も、目立ちたいからなのであって、それがそもそも広告自体が表示されていないということが分かれば、単価の引き下げにも納得して応じてくれます。たいていのケースでは順位を下げた方が、CPAも抑えることが出来ますので結果としても我々の好評価につながります。

あまり触れられることがない「予算による制限」と「インプレッションシェア」ですが、表示させてみると有益な示唆を得られることが多い指標なので、是非ご覧になってみてください。


東京:03-6438-1830 大阪:06-6534-7800
お問い合わせフォームへ お問い合わせフォームへ
  • 会社概要
  • スタッフ紹介