リスティング広告運用代行 Yahoo!リスティング広告アクセス解析アドワーズコラム

リスティング広告の出稿キーワードの収益性を把握する

編集する

リスティング広告の出稿キーワードの収益性を把握する - リスティング広告運用代行

リスティング広告の出稿キーワードの収益性を把握する

リスティング広告の運用はどういったキーワードをどのように出稿していくかが肝になります。そのためには投資可能なキーワードの入札単価を把握することが必須ですが、リスティングの管理画面からだと、1クリックあたりの収益を把握するためには「売上をクリック数で割る」という作業が必要になります。

このちょっと面倒な作業を大幅に楽にしてくれるのが、Google AnalyticsのキーワードメニューにあるEコマースタブです。

キーワード別収益

画面右端にある「平均訪問値」は1回のセッションあたりの収益を算出したもので、リスティング経由でユーザーをサイトに誘導している場合は、1クリックあたりの収益と等しくなると考えることができます。

この平均訪問値は売上から算出されたものなので、ここからもたらされる利益の額を割り出して、投資可能な入札単価を把握します。

キーワードは基本的には上位入札するほど投資効率が悪くなる傾向がありますが、収益性の高いワードに関しては、ユーザーのニーズが高まった状態であるものが多く、出来るだけ機会損失を抑え、取りこぼさないようにしておくために、プレミアムポジションに上げておくことで有効に働くケースが多いです。

また、BtoBサイトであっても目標達成した際の成果を金額で固定値として設定しておくことで、収益性を判断するための材料とすることができるため、必ず設定しておくことをおすすめします。


東京:03-6438-1830 大阪:06-6534-7800
お問い合わせフォームへ お問い合わせフォームへ
  • 会社概要
  • スタッフ紹介