リスティング広告運用代行 コラム

Googleが提唱するWebサイトの高速化と「Page Speed」

編集する

Googleが提唱するWebサイトの高速化と「Page Speed」 - リスティング広告運用代行

Googleが提唱するWebサイトの高速化と「Page Speed」

Googleが6月4日にリリースしたFirefox上で動作するするアドオンツール「Page Speed」。サイトを構成するCSSやJavaScript、画像ファイルなどをあらかじめ用意されたチェック項目に沿って解析し、問題点や改善方法をリスト化して表示してくれます。

アドワーズ広告ではページの表示時間(load time)を広告掲載順位の表示基準に組み込むことを公言していますので、特に広告のリンク先に設定しているランディングページでは気をつけていきたいポイントです。ユーザビリティを考えてもページの読み込み自体は短い方が良いに決まっていますし。

Page SpeedについてGoogleのページでは以下のように説明されています。

Page Speed を使用する理由
Page Speed を使用すると、次のことができます。
・サイトを高速化する。
・サイトに対するインターネット ユーザーの関心を保つ。
・帯域幅とホスティング コストを減らす。
・Web を改善する。

また「Page Speed Activity」という機能では、Webサイトの表示にかかった時間をDNSやキャッシュヒット、JavaScriptのパースや実行時間まで計測してくれます。

ちなみにウェブマスターツールを使用していれば、Labsメニューの「サイトのパフォーマンス」からPage Speedツールに基づいたページの改善ポイントを見ることもできます。

実際のところWebサイトの高速化によって一番恩恵を受けるのは、莫大な数のページを捌かないといけないGoogle様だったりする気がしますが、ユーザビリティ向上のためにと積極的に取り組んでいきたい項目です。Analyticsも「非同期のトラッキングコード」をリリースしましたし。w


東京:03-6438-1830 大阪:06-6534-7800
お問い合わせフォームへ お問い合わせフォームへ
  • 会社概要
  • スタッフ紹介